検索
  • CONET-EDIT

【アルバイトの定着・活性化】店長、採用担当者は何をすべきか?





アルバイトがすぐに辞めないで定着してくれるためには

 アルバイトは、55%が6ヶ月以内に辞めてしまうというデータもあります。

その原因として多くを占めるのが「面接で聞いていた仕事内容や条件と異なる」「教育制度がしっかりしていない」といった内容になります。

これらを踏まえて、まずアルバイトに馴染んでもらうには、些細なことですが、以下のような努力が必要です。


・初日はみんなの前で自己紹介をしてもらい、受け入れ体制をつくってあげる

・教育係をつけ、わからないことがあってもすぐに確認できる環境をつくる

・店長自らが時間を割いて店舗のミッションやビジョンなどを話し、

 共通の目的意識を持ってもらう

・休憩時も一人にさせずに、さまざまな人と交流をもたせる


 新人はとにかく多くの不安を抱えています。

その不安を払拭し、早く戦力になってもらうには、トップ自らが率先して語りかけて、「気にかけているよ」という印象付けが重要になります。

アルバイトに戦力化してもらうために意識すべきことは?

 定着率を高めるには、店長など責任者自らがコミュニケーションをとって「あなたはこの職場に欠かせない」と思わせる必要があります。

先述のように、初日にしっかりと指導役を指名し、慣れるまで徹底的にフォローすることも不可欠といえます。

「先輩の仕事を見て盗む」「マニュアルを渡して読んで貰う」だけの教育では、疎外感を感じてしまい、早期離職につながりかねません。

初期段階は、こまめなコミュニケーションと手厚いフォローを。慣れてからは、責任ある仕事を与えてステップアップ感を提供するなど、アルバイト期間の長さに応じて、接し方に変化をつけることも重要といえます。


#面接 #アルバイト #定着 #愛媛県 #松山市 #松山 #採用 #大学生 #バイト

9回の閲覧

790-0011

Head Office 愛媛県松山市千舟町5-3-17-3F

​株式会社ロコフル