検索
  • CONET-EDIT

アルバイト定着には試用期間が不可欠!面接→即採用はNGな理由





試用期間で見極めたい「仕事への心構え」「業務スキル」「コミュニケーション力」

 どのような人か、本当に自社に合った人材かどうかを見極めるには、面接だけでは不十分です。

本当の意味での見極めは、試用期間にあると言っていいでしょう。


試用期間で見極めたいのは、

  • 仕事への心構え:業務態度は熱心か、責任感を持って働いているか

  • 業務スキル:臨機応変に対応できるか、基礎能力はあるか

  • コミュニケーション力:他のメンバーと協力しながら働けるか


といったポイントです。


本当に働きたいお店か、逆に見極めてもらうことも重要

 試用期間は、職場の雰囲気を知ってもらう場でもあります。

本当に自分がそこで働けるか、働きたいかをしっかりと考えてもらうのです。

この期間に、会社の方針やどのようなことをアルバイトに求めているかということをしっかりと伝えましょう。


試用期間→採用は、これからしっかり働きますというコミットメント

 面接の際に、試用期間があるということ、試用期間が終わって初めて本当の意味での採用であるということを、面接時にしっかりと伝えておきましょう。

混同されがちですが、試用期間は見習い期間ではありません。

そのため、〇ヶ月間、もしくは〇時間勤務ということを事前に明確にする必要があります。


そして試用期間が終わった後は、面談をし、

  • アルバイト本人がこの職場で継続して働きたいか

  • 会社として、試用期間を終了し、採用して働いてもらうか


をお互いにはっきり伝えることが大切です。


まだ判断ができないのであれば、試用期間を継続するという選択肢もあります。

しっかりとメリハリをつけることで、これから働きますというコミットメントになり、モチベーションにも

つながるのです。


#アルバイト #面接 #求人 #松山市 #愛媛県 #大学生

7回の閲覧

790-0011

Head Office 愛媛県松山市千舟町5-3-17-3F

​株式会社ロコフル

​有料職業紹介事業 許可番号: 38-ユ-300132