検索
  • CONET-EDIT

アルバイト採用でも雇用契約書を作ろう!





近年増えているアルバイトトラブル

 近年ニュースなどでも、アルバイトとのトラブルが報道されています。

例えば、面白半分での業務中の様子をSNSで投稿して訴訟にまでつながるケースもあります。

そのような状況になってから対処したのでは遅いのです。

まずは問題が起こらないように、そして問題が起こってしまった場合もできるだけ早急に対処できるように事前に予測して対策を立てておく必要があります。


雇用契約はトラブル回避のために必ず締結しよう

 アルバイトなどの短期労働の場合、雇用契約を結ぶ義務はありません。

アルバイトの場合は、労働者条件通知書等を用いて、賃金や労働時間、業務内容、就業場所などの労働条件を伝えればいいのです。

ですが、アルバイトとのトラブルを回避するためには、雇用契約書を必ず作成するようにしましょう。


 雇用契約とは、雇用主と労働者間で取り決めるルールです。

雇用契約書にお互いに署名捺印をすることで、何かトラブルがあった際にも、雇用契約書に基づいて対処をすることができるのです。


雇用契約書には、トラブル抑止効果も期待できる

 雇用契約書に署名捺印をしてもらうということは、トラブルが起こってからの対処以外にもメリットがあります。

しっかりと内容を理解して自分でサインをするということは、アルバイトの意識向上にもつながるのです。

雇用契約書を作成する際には、必須項目を漏れなく記載するとともに、職場独自のルールについても記載しましょう。

特に近年は情報漏洩に関する項目が重要になってきています。

そして、いつでもお互いにルールを確認できるよう、控えを渡しておきましょう。


#アルバイト #面接 #求人 #松山市 #愛媛県 #大学生

9回の閲覧

790-0011

Head Office 愛媛県松山市千舟町5-3-17-3F

​株式会社ロコフル

​有料職業紹介事業 許可番号: 38-ユ-300132